2007年04月15日

メイドカフェに行って、日本の文化を学んで来た

以前書いて置いたレポートです。
果たして、これを見てチャレンジする人がいるか?(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

先週、恐怖に怯えながら泣いて帰って来た【メイドカフェ】に仕事上のパートナーであり友人の編集長(HN)とリベンジしに行ってきました。

この編集長という人は大手コスプレ専門のアパレルに客を持つと言う何とも変な境遇にあり、なおかつ私の知人の中でリュックサックを背負ったら最も秋葉原が似合う人なんですが、本人はちっともオタクっけが無いんです。

今日の私のスケジュールでは次の仕事のアポイントもありますし、時間も限られています。
時間の無い事を知っている編集長は「日本中のオタクが行きたいメイドカフェランキング」なる資料と、それぞれの住所までちゃんと下調べしてくれてました。(本当にオタクじゃないのか疑問に思えて来ました。笑)

まず、秋葉原駅近くの"第九位"へ行きましたが沢山の人が並んでおり、人通りの多い場所で並ぶ事への辱めに耐える事ができず敗走。(オムライスを頼むとその場でメイドがケチャップでLOVEって書いてくれるとの事)

そこから比較的近くにある”第二位”へ行くとすでに人だかりが…。
(…うっ。このままでは今日も敗北するのか?)

更に奥に行った所の”第四位”は
…入れました!!

さて、おそるおそる店に入ると
メイド達『お帰りなさいませ!!』
Σ(・д・ )びくぅ!!

入って見渡すと”御主人様”が居るわ居るわ!

オーダーを取りに来たメイドの格好に照れながら重宝はエスプレッソを注文。

メイド『大変申し訳ありません、只今切らしておりますぅ』
編集長「何かオススメってないの?」
重宝「喫茶店にお薦めなんてあるのか?私はロイヤルミルクティを」(←未だに何故これを注文したのか不明)
編集長「じゃあ僕はホットミルク」

待つ事5分
メイドが注文した物を持って来ました。

メイド『お砂糖はいかがいたしますかぁ?』
重宝、編集長「要りません。」
メイド『ごゆっくりドウゾぉ』

(アレ?これだけ?)
私と編集長は顔を見合わせてテレパシーで会話。
…。
少し、様子を見る事にしました。

他の客に対しては、かしこずいたり、色々な事をしています。

Σうっ!
しまった!!!
(さ、砂糖を頼まねばならなかったのかぁ!!)
他の客はメイドに砂糖を入れてもらって、かき回して貰って嬉しそう。

少しづつシステムがわかって来ました。

コーヒーや食べ物はほとんど普通の喫茶店と変わらない値段です。
特徴は自信なさげな客達とメイド服のウェイトレスに違和感を感じるだけ。
”おかわり(追加注文)”を頼むとメイドとカードゲームが出来るようです。

このままでは引くに引けない私たちは、
(どうする?俺はもう一杯なんて飲めないよ!)こんな事をテレパシーで会話です。
とうとう勇気ある編集長が動き出しました。
「すみません〜!”おかわり”したいんですけど」

するとメイドがさっと来て、『女の子は誰にしますかぁ』
(成る程オーダー内容よりも先にメイドね (;´Д`))
編集長「君で。」(普段おとなしい編集長が何だか声まで大胆に…!)

+++++++++++++
”おかわり”の説明
数名いるメイドを個人指名して”おかわり”をすると、本人が来て【50円引き】【100円引き】【ハズレ】とそれぞれ記入された顔写真入りカード三枚をババ抜きの要領でセレクトするってシステムらしい。当然そのカードは貰えるのでトレーディングカード扱い。ついでにオーダーしたものを置いて行きます。(笑)
+++++++++++++


ご多分に漏れず【ハズレ】を引き当てた編集長、楽しそうにトークです。
編集長「ハズレを10枚集めたら何か貰えるの?」
メイド、編集長の目を見つめながら『ハズレが出るなんて珍しいんですよぉ。』
(…この娘、プロだな。)

他の客は既に3回、4回と”おかわり”しています。
ここは喫茶店か?もの凄い客単価だぞ!?

+++++++++++++++++
客種図鑑
・メイド同士の楽しそうな会話を眩しそうにみつめる客。
・漫画みたいに新聞を立て広げて呼んでるフリして、上から好きなメイドを目で追っかけている客。
・”おかわり”のタイミングを伺い、何度も手をあげようかなって躊躇している客。
・他の客とメイドとの会話にニヤリとしながら持参のノートパソコンいじっている客。
・壁の同じ所を見つめて微動だにしない客。
・僕はそんなにオタクじゃないよってフリしてる客(ここに来てる事自体イレギュラーなのにね)
その他、変な人大勢です。
+++++++++++++++++


なぜか半分ぐらいがちょっとお洒落目のスーツの男達です。(でも顔と目つきが普通と違うし、サラリーマンにしては長時間あそんでる事になるね。疑)
そんな男達は”おかわり”をしなければメイドに話しかけるきっかけをつかめないので何杯も注文するのです。

常連が来るとメニューを出す前に『お帰りなさいませご主人様ぁ。今日もコーヒーで宜しかったですねぇ?二杯目はいつもグレープフルーツジュースですもんねぇ!今日は”おかわり”10回ですかぁ(笑)』
こんな会話を聞いて皆、(いつか俺だって)って表情してます。

店を出るときは出口で『お気を付けてお帰り下さいませ』(「いってらっしゃいませ」ではなかった)で終わりです。

※編集長はしっかりと会社名で領収書を切り、メーンバーズカードを作成してました!今度会ったときにはメイドカフェにハマりまくってたりして。(笑)


疲れた〜。メイドよりも客が面白すぎる!
でも段々イライラしてくる。
しかし、あそこで商談してみたい(笑)

+++++++++++
感想
・総じてメイド役の人は可愛い人ばかりです。
・中学、高校、大学と女の子と喋る勇気がなかったオタク達が大人になってから癒しを求めて、リアル恋愛シミュレーションしているって感じでした。
・メイド達の接客が凄く上手い、オタク達が手玉に取られています。
・メイドの給料は歩合制じゃなかろうかって思える程”おかわり”オーダーを取ります。
++++++++++++


総評
【昼間に営業している酒を出さないオタク相手のスナック】
人気のメイドは誕生日ウィークなるものが開催されている模様。


皆さんもこれでチャレンジできますね!

長々と申し訳ありませんでした。
レポートは以上!!
posted by 諜報部員 at 09:50| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

コラム「本当は人類が一番弱かったりして。」

アブラムシの生態が面白いのでご紹介します(長いです)。

春から秋にかけ、雌は父親のいない雌の子を産むことができます(単一生殖)。計算上では一匹が一日に10匹の雌を産み、一ヶ月で15000匹とドンドン増殖します。

時には母親の子宮内の胚がその子宮内に更に小さな胚を宿していることがあります。この場合アブラムシの雌は娘と孫娘を同時に生むことになり、娘と孫娘は親子のくせに一卵性双生児になります。お腹に子供が出来た瞬間に二親等の直系をも産んでいるって事ですね。

まさに神の域。クローンの製造工場ですな。

こうなるとオスの存在意味が問われる…。

オスは必要としないのか!


…と言えば、そうでは無いようです。(よかったですねぇ)
成虫での越冬はできないので卵を必要とするのです。

その他、自種が増えすぎてしまった時は羽の生えた子を産み、他の地での生活が出来るように自然対応しているなど瞬間的な進化が出来ます(移動型は翅が長く、卵巣成熟が抑制されます。移住後、飛翔筋が溶かされて卵巣成熟となります)。

さて、そのクローン状態にあるアブラムシ、
もしも彼女らに意思があったらどうなるのだろうか?

生まれたとき既に、時間と言う経験以外の意識情報(並列化?)を母親と共有していたとしたら非常に面白いですね。
そうであったとしたら素晴らしい進化を遂げ、人間を絶滅に追いやる生物となりうるのではないのでしょうか?

頭を使いすぎたのでケムリが出てきました。

我が家のバルキーさんの尻から小バルキーが出てくるのを妄想。
('仝'(⊃ )*( ⌒Σ('仝'(⊃ )*(
posted by 諜報部員 at 18:10| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

雑話「昆布のどて煮?どての昆布煮?」

先週土曜日の事



無口でチンギスカーン(以後、無チン)に似た知人と中華屋へ行きました。



中華といっても白地に黒で「松屋 ギョーザ、ラーメン」と居酒屋風な字で書いてあります。



そこで頼んだ一品



「どて」



すごい、このダシのきき方はハンパじゃねー!
1ヶ月ぐらい煮込み続けたって感じで色も真っ黒!



(どてのイカ墨煮みたい。)



さて、ダシは何かな?



諜報「昆布ダシだなこれは!」(即答)



凄まじい昆布の香り…。



「どて」を食べた後に



「すじ」を注文。



20060902203828.jpg



同じく真っ黒…。



そしてスゴイ昆布臭



無チン「っていうか昆布がスジ肉と交互に串にさしてあるんじゃない?」



20060902203909.jpg



無チン「黒いし…」



成る程、彼のさした指の先には肉厚な昆布…。



自分のを食ってみる。



諜報「うん、確かに昆布だ。」



(?本当か?)



だんだん串にささっているのが全部、昆布に思えてきた。



もぐもぐ。



ん?



昆布?
わからない。



ちなみに私は昆布が大嫌いで、そのなかでも昆布巻きはこの世から消滅してくれても良いと考えている。いつか昆布巻き撲滅委員会でも立ち上げます。



(なんだか吐きそう…)



食感はスジ、見た目は昆布巻き、味と香りは昆布。




さて、これは何の部類に入る食べ物なんでしょう…。




※告知「電動男」の結婚がいよいよ近づいて参りました。
9/6は総集編が始まりますのでお楽しみに!

posted by 諜報部員 at 21:34| カイロ ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑話「冷やしカレーそば」2st

先週末の事再び駅構内の立ち食い屋にて「冷やしカレーそば」に再度チャレンジ。

コメンターの重森氏から頼まれていた「ふくろ」の調査も並行して行う。

20060901130117.jpg

ふくろ」については購入時に、果たして何が登場するのかワクワクしながらボタンを押す。




カウンターに2枚の食券を置き「お願いします。」

おばちゃん「冷やしカレー…」
諜報「そばで!」と即答。


おばちゃん「つまみは…要らないよね?」





諜報「ください、」


おばちゃん「ビールのツマミだけどキャンセルする?」


(隠したい何かがあるのか?)


諜報「…ください。」


おもむろにフクロを取り出しながら

おばちゃん「これなんだけど、要らないよね?」




20060901130255.jpg


【こざかなアーモンドピー】
(い…、要らない…。)


(今から重森さんに会いに行くのだから調査報告を兼ねて買っておくか…。120円だしな。しかし私は小魚が、だ・い・っ・き・ら・い・だから自分から買うなんて事は今後一生ないだろうな。)


おばちゃん「ありがとうね」
申し訳なさそうに手渡しされる。


見たくも無い小魚たっぷりの「ふくろ」をカバンにねじ込み「冷やしカレーそば」を待つ。





相変わらず時間のかかるメニューだ


おばちゃん「冷やしカレー、すみません。」

20060901130420.jpg


(「そば」を言え!恥ずかしくっても皆の前で「冷やしカレーそば」って言え!俺だって少し恥ずかしいのを我慢してるんだよ!それと「すみません」とは何事だ、売りつけてすみませんって事か?)


心の中での店員指導を終り、あの懐かしいインド風ソバをかきこむ事2分。


(まずい…。)


(でも何だか慣れてきたかも)


(いやいや、これはまずい食い物のである事は間違いない!)


(癖になりそう)


自問自答…


歯にネギの存在を感じながら店を出た。


(くそう、ネギなんだよな…。ネギ…。)








posted by 諜報部員 at 13:02| カイロ | Comment(5) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

雑話「あったらイヤな食べ物」

昨日の出張の時のお話。


お昼時に名古屋駅で新幹線を待っていました。


約30分の待ち時間があったので駅のホームでお昼を取ることにしました。


キオスクの店の前に食券販売機があったので物色。

食券機


(あちぃーし、冷たい麺がいっか…。)







何これ?



食券ボタン


冷やしカレーきしめん、そば…。


冷えたカレーきしめんって凄くイヤだな、しかし冷えたカレーそばってもっとイヤだな…。)

食べたくも無いがムチャクチャ気になったので550円で食券購入。


【冷やしカレーきしめん・そば 550円】と印刷された食券を手に店へ。


カウンターに券を置いて


諜報部員「お願いします。」


おばちゃん「いらっしゃいませー!えーっと、冷やしカレーきしめんですね!」


諜報部員「いや、そばで…」


おばちゃんの動きが一瞬止まり、もう一人のおばちゃんBを見る。(作り話っぽいけど事実です)


しばらくおばちゃん達の動きと表情を目で追いながら楽しむ。








やけに遅い。


(作った事あるのかな…。)





来た!


冷やしカレーそば


(ビミョゥ…)


よく見てみた。


冷やしカレーそばアップ


やっぱりビミョゥ…


食べてみた。


(うーん、ウマズイ!)


カレーがやけにインド風で、尚且つ和風ダシが強い。


あんかけのようなネットリ感がソバを包み込んでツルツルと口に入ってこない。


例えると細くきった消しゴム?


考えようによっては癖になるのでは


…っと自分を騙す。




(たぶん滅多にオーダーが入らないんだろうな)



(しかし、このメニューを毎回頼めば2〜3回で顔を覚えてもらえるな。店に入るたびに「【冷やしカレーそば】の続きを読む
posted by 諜報部員 at 12:16| カイロ | Comment(24) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

コラム「ユビキタス」について。

「ユビキタス」

TV見ていたら目に留まったので説明と感想を紹介する。

「ユビキタス」とは…。
英語では「神はどこにでもいる」と言う意味。

日本での解釈は「なんにでもどこにでもある」と言う意味。

物が人とコミュニケーションをする。物と物がコミュニケーションする仕組みを構築する発想。

現在では物品に付いたICタグが代表格。そのような情報を管理するのがPC。

物流、生産、販売、在庫管理のロス、を無くす為に、もっとも合理的に必要な物及び情報を提供する。

それによるメリットは企業にだけある訳ではない。

個人が必要としている物品を的確なスピードで適正な数量を供給する。

更にそうする事によってエネルギーの使用ロスを大幅に軽減。二酸化炭素放出が日本国内だけで年間2000トン以上少なくなるらしい。


しかし、そうなれば個人の情報は公表せざるを得ないだろう。それをデータ化して非常にマイノリティーな好みまでも管理可能となるのではないか…。怖いね。


本来、日本の宗教思想として全ての物に神が宿ると言う表現「八百万の神」がある。

物には作り手の意志が宿っている。それに感謝しよう、大切に使おうと言う意味があると私は解釈している。

大事にして貰える物作りをすれば逆に「ユビキタス」の元来の目標に近付くのではないだろうか…。

神無月を過ぎた今は八百万の神が物に戻って来ています。

皆さん物を大切に。

posted by 諜報部員 at 00:16| カイロ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

「コラム」理不尽な雰囲気

「理不尽な雰囲気」これをフリジンなフインキと言う人が居る。文章を読む時は簡単には間違え無いだろうが、口頭での表現にあたっては結構耳にする。あまりに普通の会話の中に溶け込んでサラリと流れるので、この言葉の間違いは中々気が付き難い…。

人間の脳には便利な機能があるそうで、前後の会話、文節を勝手に活用して不可解な言葉を何となく意味のある言葉に翻訳するのだ。
しかし普段から「天然」と呼ばれる人は、通常の言葉を前後の文脈を無視して別の意味に翻訳してしまう超能力を持っている…。

続きを読む
posted by 諜報部員 at 18:55| カイロ ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

「コラム」私は非常識人です。

世間では、自分の常識は他人の非常識。他人の常識は自分の常識知らず。

でも私は身勝手なのですが、常識の定義づけをする人間が非常識だと思っています。

本来常識とは、生活する上に於いて自然発生した目に見えない何かで、

知らない事をしたり考えたりする時のただの指標なのだ。

しかし指標が自分にとって目標では無い。




人に自分の事を話すのは自分の事を理解してほしいと言う表現方法の一つ。

しかし自己の思想を相手に押し付けるのは相手にとっては甚だ迷惑なだけである。続きを読む
posted by 諜報部員 at 17:25| カイロ | Comment(8) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

「コラム」毎朝の事

最近は考え事が多くてシャワーを浴びて浴室を出る時に、(頭って洗ったっけ?)と悩んでしまう事が多い。短髪な私は頭を洗う事に重要度をおいてないので、無意識の内に流れ作業で終わってるみたいなのだ。結局、悩むのが面倒臭いのでもう一度洗ってしまう。
きっと短髪の私のシャンプーの消費量は長い髪の人よりもきっと多いんでしょうよ。もしかしたらシャンプーの香りでリラックスさせて再洗髪を引き起こすのを狙ってたりして…。やるなぁナィーブ。はっΣ(゚Д゚;)もしかして知らない間に身体も二回洗っていたりして…。続きを読む
posted by 諜報部員 at 15:41| カイロ 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

「コラム」しまった、食べ切れない。

長年望んでいた緑Moss匠味バーガーファーストフードがついに食べれました!
注文内容

・匠味十段    \1000
・オニポテセット \340
・フレッシュバーカー\300
連れ
・匠味アボガド山葵\880
・オニポテセット \340
うまそう〜ッ!
……
しかし、なんじゃこりゃッ!
で、で、でかい…。しかもいつものノリで単品続きを読む
posted by 諜報部員 at 20:55| カイロ ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。